Yves Rocherのオーガニックコスメ

長年にきびに悩まされました

私は小学生時代からニキビができ始めました。小学生のときはそれほど酷いものではありませんでしたが、中学生になるとどんどん酷くなっていきました。
その頃は母が買ってきてくれたニキビ用の化粧水を使ってケアをしたり、市販のニキビ用の塗り薬を使っていました。

 

思春期だったのでニキビができるのも仕方ないなと思っていました。化粧水でケアをしても、塗り薬を塗ってもニキビは改善されませんでした。
そのまま高校生になりました。高校時代もずっとニキビには悩まされました。一番できやすい部分はおでこでした。

 

典型的な思春期ニキビです。おでこのにきびは年中出来ていました。このころもにきびができるのは思春期のせいで仕方がないことだと思っていました。
だから皮膚科で診てもらうこともなかったです。そしてそのまま大学生になりました。

 

私のにきびが一番酷かったのが大学時代です。それまではおでこを中心にできていたニキビが、大学生になってからほっぺたに大量に出来るようになりました。化粧もしていたので、化粧で余計に悪化していました。またほっぺたは髪の毛が触れます。その刺激も原因でにきびは酷くなる一方でした。

 

 

ほっぺたは真っ赤になり、にきびは膿んでとても痛かったです。洗顔するだけでもヒリヒリしました。夜は優しく洗顔して、化粧水や乳液、ときには顔パックもしましたが、全く改善されませんでした。私は自分の顔がにきびで汚いことがとてもコンプレックスでした。

 

みんなに見られるのが本当に嫌で、手で隠したりしていました。またそのせいでにきびが酷くなり、悪循環に陥っていました。

 

大学時代はアルバイトをしていたので、そのお金で皮膚科に通うことにしました。最初は抗生物質やビタミン剤を飲んでいましたが、抗生物質を長く続けていると体に不調が出てきました。ガンジダになったのです。このままではまずいと思って、違う皮膚科に通ってみることにしました。

 

ニキビ治す方法とは
その皮膚科では漢方薬を処方してくれました。漢方薬は効果が出るまでに少し時間がかかります。でも漢方薬は体にも優しいので副作用が出ることもありませんでした。副作用が出ないから安心して服用を続けられます。苦味がとても強くて飲みにくかったですが、頑張って続けました。

 

 

時間はかかりましたが、今ではにきびはすっかり改善されました。本当によかったです。
漢方薬でにきびを治すのはお薦めです。

脊柱管狭窄